空き家・空き地の売却やご相談はフルハウスへ|弘前市、平川市ほか弘前圏域の空き家問題に取り組んでいます

空き家問題が深刻化し「空き家・空き地」への取り組みが行われています。フルハウスでは弘前市・平川市ほか弘前圏域の空き家問題に取り組んでいます。まずはご相談ください。

空き家問題とは?もしかすると他人事ではないかもしれません

・空き家問題はどうして深刻なのか?

・所有者のほとんどが空き家を放置状態!?

・空き家所有がリスクになるのはなぜ?

・「いつか手続きを...」とは考えているけど

今、空き家や空き地への取り組みが行われています。ここ数年でニュースや新聞などで取り上げられる事で一度は目や耳にしたことがあると思います。
目や耳にする機会が増えた理由として、国が2014年に「空家等対策の推進に関する特別措置法」通称、空家等対策特別措置法を成立した事が挙げられます。 空き家・空き地は国が取り組むほど深刻な問題で対策の一つなのです。

 手入れされていない事により土地は荒れ、建物は老朽化する
  ↓
 景観が悪化し地域への悪影響がもたらされる
  ↓
 犯罪などの温床になる可能性がある
  ↓
 住宅や土地の価値が下がる=地域の価値が下がる

草木がのび荒れ果てたり、だれも住んでいない今にも倒れそうな家屋。
また、誰も住んでいない事により犯罪者などが不法侵入や不法占拠したり、勝手にごみをを投棄されるかもしれません。 このような場所に住みたくなりますか?
空き家・空き地はその場所だけでなく、周りの環境も脅かしかねません。

倒壊の恐れがある危険な家屋や、ゴミなどで汚染された土地を管理整備するのは所有者です。
空家等対策特別措置法により行政指導が入り、大規模な修繕費用などの負担が発生する事も。
所有者が対処できない場合は、状況改善のために皆さんの税金が投入される場合もあります。
空き家問題は所有者だけではなく、私たち誰しもが抱える問題でもあります。

「空き家」「空き地」にピンときたらまずはご相談ください。

フルハウスの「空き家問題」ご相談のポイント

様々な空き家問題の取引実績

20年の不動産取引の実績で数々の空き家問題を解決してきたと自負しています。

これから変わるであろう空き家問題を取り巻く状況を見据え、培った経験と現在の状況に合わせご提案します。

司法・行政手続きの
専門家との連携

相続や売却には書類と費用がかかります。

必要に応じて手続きの専門家をご紹介します

今必要な適切なアドバイス

取引完了までに起こる様々な出来事に、不動産業者として中立な立場で、所有者とそのご家族のご意向に対応いたします。

どうして空き家問題は深刻なのか?

現代の日本の家族構成は核家族化が急速に進み、一世帯一棟の家を所有する状態です。
新築住宅着工数は減少しているものの、それを上回るペースで総世帯数が減少しています。つまり空き家が 増えているという事です。

2016年の調査結果では、全6063万戸に対して空き家は全体の13.5%ですが、65歳以上の夫婦または単身者が所有する 家は18.7%あります。単純に20年後には30%以上が空き家となる予測になります。
推移からみると50%以上が空き家になるとの予測データもあります。

先にもお伝えしている通り、空き家が増えると所有者だけではなく所有者以外の負担が増え経済的損失になるのです。

空き家所有者のほとんどが放置状態の現実

何故放置する事になるのか?様々な理由があります。

・実家を相続したがどうすれば良いかわからない
・相続したが遠方で手がつけられない
・自身の財産整理ができないまま、判断能力がなくなってしまった

不動産業者に相談する事が出来ないまま、放置されていく現状が空き家が増える原因でもあります。
パターン1や2の場合はすぐにでもご相談ください。
弘前市の空き家に関するデータでは、空き家のうち50%はそのまま利用できる状態であります。
パターン2の遠方の方も売却だけが手段ではありません。
「賃貸」も視野に入れた活用もご提案します。管理もお任せください。
大規模な修繕が必要になる前に「賃貸」「売却」など活用方法をご提案します。

パターン3の場合、正直なところ当社でも介入がむずかしいところがありますが、身近に空き家を所有
している方がいらっしゃいましたら「不動産会社に相談してみては?」とお声がけください。
これもまた空き家問題に取り組む一つの方法だと思います。

将来的に空き家所有がリスクになるかもしれません!売るなら早期売却を

国や自治体が空き家問題に取り組んでいる昨今。
現在でも所有者に対して、手撤去命令や修繕命令を出すなど取り組みがなされています。

将来的に空き家の所有者が背負う負担は更に増える事も考えられます。
もし所有者が相続先もなく既に亡くなっていた場合。どうする事も出来なくなった家は、ただ放置されることになりかねません。空き家がどんどん増え、街の景観や安全性にも影響がでてきます。

新たに家を建てる土地にする事もできず、最終的には行政が介入=皆さんの税金が投入され開発されるのならまだ良く、誰の手にもかからないまま、かつての住宅街は廃墟エリアになってしまうかもしれません。

思いれもありなかなか決断できない事だと思います。
だからこそその思いれのある家が「空き家」となる前に整理する事もひとつではないでしょうか。
フルハウスは空き家問題に真摯に取り組んでいます。
ここは不動産のプロの出番!まずはお気軽にご相談ください。
空き家相談のご依頼は
こちらのフォームから
フルハウスへの問合わせはこちら!
Tel
0172-26-8091
お電話の際は「ホームページを見て」とお伝えください。